「やりがい」とは一体何なのか?その真相に迫る!

働く人のための心の処方箋
「やりがい」と仲良くなろう!

「やりがい」と仲良くなろう!

「やりがい」と仲良くなる方法を徹底リサーチ!
モチベーションUP術を大研究!

モチベーションUP術を大研究!

モチベーションとの上手な付き合い方を解明します!

カテゴリー一覧

そもそも「やりがい」って何?


やりがいの正体

「やりがい」と仲良くなるためには、「やりがい」が一体なんなのかを知ることが大事です!
意味を辞書で引いてみると・・・
【やりがい】そのことをするだけの価値と、それにともなう気持ちの張り。「―のある任務」
と記されています。
わかりやすく説明すると「自身が満足できる価値を見出したときに生まれる心の充実感」という意味を指します。意味から読み取れるのは、目の前の現実から自身が満足できる価値を見つけ出すことが大切なカギであること。あたりまえの日常からメリットを見つける心の目を養うために、いいとこ探しのコツを掴みましょう!
幸せな人生を送るには「やりがいある仕事」を持つことが必須条件といっても過言ではありません。毎日の幸福感を自分でコントロールして、充実したハッピーライフを送りましょう♪
(参考:goo辞書)

みんながやりがいを感じるのはどんな時?

みんながやりがいを実感する場面には
①興味ある仕事をしている時
②1つの仕事をやり遂げた時
③目標達成できた時
④給料を手にして好きな物を買えた時
⑤責任ある仕事を任された時
の上記の意見が多くみられます。
職種によって喜びを実感する場面や場合は変わってきます。
クリエイティブ系の仕事であれば「自分の提案が会議で通った時」や「自分が制作に関わった商品・サービスを見かけた時」に充実感を感じ、人と接する販売業や人々の生活をサポートする看護師・介護士さんという仕事であれば「人の役に立てたとき」「相手に感謝してもらえたとき」に喜びを感じています。
仕事の喜びを感じるポイントは、個人の価値観でも大きく作用します。自分が求めることをはっきりと認識することが「やりがい」を探して生み出すための第一歩です。

やりがいある幸せな仕事とは?

多くの人が「やりがい」と「幸せ」を感じている仕事とはどんなものでしょう?シカゴ大学が調査した「やりがいある幸せな仕事ベスト10」を元に、特徴を調べてみました。
ランクインした職種をタイプごとに分けると
①人になにかを伝え、教育する仕事(教師)
②人を助ける、安らぎを与える仕事(消防士・理学療法士・心理学者・聖職者)
③好きなことができる、創造する喜びを感じられる(芸術家・著作者)
と大まかに3つの特徴が浮かび上がってきました。
このデータから「知識を教えて人を成長させる」「人の命・心を救う」「自分が興味があるもの、ことを生み出す」3つが人間の幸福感を引き出す大きな要素であることが伺えます。1日の業務を振り返ってみて、あなたの幸せを探してみては?
(参考:マダムリリー「幸せな仕事ベスト10~やりがいのある仕事とは?」)